選択と責任

人は常に何かしら選択をしていて、
それは選んだ自覚がなくても自分が選んでいることで、
だから、その結果どうなろうと、
全て自分の責任なんだ、と。

近年の私の基本思考です。

 
何かの出来事に対して、
どんな感情を採用するかも、
どんな対応をとるかも、
全部本人の自由。

それは他人が関与するところではないし、
本人の価値観で判断すればいいもの。

それに関して、あーだこーだ言うのは、
越権行為だと思っているし、
(あーだこーだ思うのは自由。意見を求められた時は別。)

相手の責任を、自分の責任だと思うのは、
ある意味傲慢なことだと思っている。

人は相手に対して『きっかけ』は作れるけど、
それをどう処理するかは本人の管轄だからね。
こればかりは、他人には何もできないこと。

目の前に現れた『きっかけ』に対して、

何を感じ、
何を得て、
どうするかは、

その本人が選びとること。

喜んで感謝するも良し、
傷付いて憎むのも良し、
改心するも絶望するも自分の選択。

 
だから、
誰かに人生を救われたというのも、
誰かに人生を狂わされたというのも、
違うなと思う。

人生を救う選択をしたのは自分だし、
狂わせる選択をしたのも自分。

他人はただ、『きっかけ』をくれただけ。

『きっかけ』に対して
感謝すればいいし、恨めばいい。

 
とは言え、
思いやりは常に持っていたいと思うから、
「何をどこまでやったらいいんだろう」という部分は、いつもいつも考えちゃうよねぇ。

---------------------------------------------------------

伝わらないのは、テクニックのせいじゃありません!!

文章が苦手なあなた、
人から誤解を受けやすいあなた、
想いがきちんと伝わらなくてもどかしいあなた、
お客様とのやりとりに悩んでいるあなた、
なぜ、あなたの想いが『伝わらない』のか、見えていますか?

『想いを伝える』のに、大切なことはたった1つだけ。

ビジネスも日常も、伝え方ひとつでコミュニケーションの質がグッと変わります。

『想いが伝わる』って、すっごくうれしいもの。
伝え上手になって、笑顔の毎日を過ごしませんか?

 

こちらから、お気軽にご連絡ください♪
ご質問、ご要望、ブログの感想やメッセージ、お待ちしています!

お問い合わせ

ほながなるみに興味をもってくださる方もぜひ!(笑)
メッセージをいただけたら、飛び上がって喜びます♪

Facebookでも、ぜひつながりましょう♪(メッセージを添えていただけると助かります。)
http://www.facebook.com/narumi.honaga

  • このエントリーをはてなブックマークに追加