「伝えたい」を伝わるカタチに

伝わらないのは、視点と柔軟性の不足です。

世の中には、同じような商品やサービスがあふれています。
それなのに、売れるものと売れないものがあるのは、なぜでしょうか。

世の中には、とても素敵な活動や優れた商品があります。
それなのに、『いいもの』が認知されないのは、なぜでしょうか。

 
それは、
《そのものの魅力》が、
《それを必要としている人》に
《伝わるカタチ》で届いていないからです。

『誰に、何を、どのように、いつ、どんな順番で伝えるか』を、
あらゆる可能性を想像したうえで
しっかりと計画立てて伝えていますか?

 
熱い想いがあるからこそ、見えにくくなりがちな他者視点。
こだわっているからこそ、失いがちな柔軟性。

真面目で真摯な方ほど陥りがちなのが、この二つ。

この二つが、可能性の想像を狭めてしまい、
結果、最適な『伝わる表現』を生み出せなくなってしまうのです。

 
これまで色々やらかしてきたおかげで、
多視点で物事を見る能力と、
常識に囚われない柔軟な発想力と、
バリエーション豊富な表現力が身に付きました。

また、
より良くしたいと思うから、
言われた通りにはやりません。
ガンガン意見も出します。
 
だって、
素敵なものが広まったら、喜ばしいじゃないですか。
素敵な行為が報われたら、嬉しいじゃないですか。

そう思うから、私にできることで精一杯お手伝いしたいのです。

 
あなたの素敵な魅力を、素晴らしいサービスを、
心にやさしく響く『伝わるカタチ』で届けましょう。

 
お申込み・お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加